勤怠管理のシステムを導入するに当たっては、複数の働き方に対応する仕組みが必要です。パートなどです。

導入して正解!人気の勤怠管理システム
導入して正解!人気の勤怠管理システム
導入して正解!人気の勤怠管理システム

勤怠管理のシステムでは複数の働き方に対応

最も安定している働き方としては、正社員ということになると思います。ですから、多くの人は正社員で働くことを希望することになります。大卒で入社するというときは、多くの人が正社員として入社をすることになります。ただし、今は就職も非常に厳しい状況です。ということで、とりあえず仕事をしたいという場合には、正社員以外でも仕事をするということがあります。一つには、アルバイトとして仕事をするということです。さらには、派遣社員として仕事をするということもあります。将来的には正社員を目指すものの、今のところはそれができないので、仕方なくということになりそうです。その一方で逆の考えを持っている人もいるということです。

もともと正社員で働いていたけども、もっと自由に働きたいということで、パートでの仕事を選択するという人がいます。正社員に比べて、労働時間や、1週間の出勤日などが自由に設定できるということがあるようです。一般の会社では少ないかもしれませんが、小売業や工場などでは多く見られる就業形態ということになります。となると会社としては、多くの就業形態の人を管理していかないといけないことになります。正社員ということであれば、評価のほうもしやすいですが、就業形態が異なるという場合、単純に比較をすることができないこともあります。たくさん働いているから良い、少ないから良くないということにはなりません。仕事の内容でも評価しないといけないということです。勤怠管理をするためのシステムを導入するという場合には、複数の働き方でもきちんと管理をすることができるものが求められています。今まででしたら、働き方ごとにマスターを作成するなどしていましたが、最近のものは、一つのマスターで管理をすることができるようになっています。働き方が違っていても、評価もできるようになっているということです。評価の方法が公平であれば、従業員も納得して働いてくれることになります。

関連情報